トップ > がごめ昆布・だし昆布 > だし昆布(真昆布・羅臼・利尻) > 真昆布 白口浜産(1年養殖) (180g)

真昆布 白口浜産(1年養殖) (180g)

通常成長に2年かかる真昆布を、成長促進させて1年で採取出来るようにした養殖昆布です。
天然物や2年かけて養殖した昆布よりも、安価で取引されているため毎日のお料理にぴったりです。

だし汁の清澄さ、味わいの上品さから、最高級の昆布と言われている北海道函館産(南茅部産)真昆布。
海水と真水が交わり栄養分を豊富に含む南茅部の海で育った昆布は、味も成分も他とは一味違います。
南茅部の前浜で採れる「白口浜真昆布」は、身が厚く上品で澄んだ出し汁が豊富に取れるのが特徴です。

■商品名:真昆布白口浜産(1年養殖)
■内容量:180g
■産地:北海道
■用途:だし
■賞味期限:365日
■配送方法:常温便
商品コード : D01-04
価格 : 1,320円(税込)
ポイント : 13
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

 
本格だし昆布でお料理が変わる▲真昆布でだしをとる
人気の真昆布を毎日の食卓に だし汁の清澄さ、味わいの上品さから、最高級の昆布と言われている北海道函館産(南茅部産)真昆布。海水と真水が交わり栄養分を豊富に含む南茅部の海で育った昆布は、味も成分も他とは一味違います。南茅部の前浜で採れる「白口浜真昆布」は、身が厚く上品で澄んだ出し汁が豊富に取れるのが特徴です。

通常成長に2年かかる真昆布を、成長促進させて1年で採取出来るようにした養殖昆布です。天然物や2年かけて養殖した昆布よりも、安価で取引されています。
真昆布最高の条件の下で育つ北海道の高級だし昆布

恵山岬を境界とし、南茅部( みなみかやべ) から砂原( さわら) に至る沿岸は白口浜、恵山岬から
汐首( しおくび) に至る沿岸は黒口浜と呼ばれ、汐首から函館に至る地域を本場折浜と呼びます。

「最高級」と呼ばれる訳 肉厚なので炊いてもおいしく、高級だし昆布の他、汐昆布や佃煮、おぼろ昆布などの加工用として用いられています。特に白口浜産真昆布は宮中や将軍家に献上されていたとされる由緒ある昆布です。最高の条件のそろった南茅部で採れる昆布は、他の地域で取れる昆布と味や成分が全く違ってくるとさえ言われています

だし汁の清澄さ、味わいの上品さから最高級の昆布といわれている真昆布。肉厚なので炊いてもおいしく塩昆布や佃煮な どの加工用としても用いられる万能昆布です。その品質の高さから、「献上昆布」として高い評価を受けています。


最高級の呼び名も高い北海道南茅部(白口浜)産の真昆布です。だし汁の清澄さ、味わいの上品さが特徴で、大阪を中心に人気の高い昆布です。食用として用いられることもあり、塩昆布や佃煮、おぼろ昆布等へ加工されることもあります。

函館近海で採れる真昆布は恵山岬を境界とし、南茅部から砂原に至る沿岸はそこで採れる昆布の切り口から「白口浜」と呼ばれ、恵山岬から汐首に至る沿岸が「黒口浜」と呼ばれています。さらに汐首から函館に至る地域が「本場折浜」と呼ばれています。 「白口浜」「黒口浜」「本場折浜」は道南三銘柄と呼ばれ、真昆布のブランドにもなっています。

南茅部の前浜で採れる「白口浜真昆布」は、身が厚く上品で澄んだだし汁が豊富に取れるのが特徴で、当時松前藩が朝廷や将軍家に献納していたことから「献上昆布」の名前がつきました。その上品な味わいへの人気と信頼は今もなお続いています。
真昆布は、昆布の中でも王様と言われるほど味も良いし、希少価値もあるもの。北海道南茅部というところは海にすごい栄養を与える山があり、川がある。いい昆布の生息地というのは必ず近くに真水が流れており、その川が山の栄養分を海に送っている。その海水と真水の交わるところというのは栄養がふんだんにあるところで魚も多い。そういうところで採れる昆布は、同じ種類のものでも味だとか成分だとかはぜんぜん違ってくるんです。

ページトップへ